日雇いの良いところと悪いところ

日雇いバイトのメリット

 

簡単にバイトに受かる

日雇いのバイトは基本登録制です。日雇いを頼むという事は会社側としては人手が足りていないという事です。なのでバイトをすぐさぼったり相当仕事をしないと評価されていない限り、まず受かります。私自身も友人の紹介でも日雇いバイトが出来た経験がありますのでよっぽどではない限り受かります。

好きな時に働ける

長期のバイトと違い日雇いの最大のメリットは働きたいときに働けるという事です。急にお金が必要になった時など前日に予約をすれば翌日には働けるのです。しかも長期と違い全然バイトに入らなくても問題ありません。週1回、月1回でも日雇いバイトは出来るんです。

すぐお金がもらえる

時給大体900円前後で拘束時間が7時間程度でだいたい5000〜6000円ほど貰えますので、今月ピンチ!や欲し物があってもう少しお金が欲しい!という方にうってつけです。しかも当日または翌日にはお金がもらえますので急な入用にも対応できるのが日雇いの良いところです。長期バイトでは給料日までお金が入りません。(中には前借できるところもありますが、最近はほとんどみられません・・)

 

 

日雇いバイトのデメリット

 

知り合いが出来にくい

日雇いは決まった場所で働くわけではないので知り合いが出来にくいです。みなさん決まった日に入るわけではありませんし、その日その日で働くメンバーが違うというのは寂しいものです。会話もご飯の時や休憩中くらいなもんです。話さなくていいのは逆に楽という人には向いているかもしれません。

作業が単純

日雇いは誰でもウエルカムなので当然やることも単純作業です。誰でも出来る事しかやらせてもらえません。その日しか働かないので責任ある仕事は当然ありません。なので逆に今日だけお金の為にと割り切って働く方が良いでしょう。毎日単純作業を延々と続けるのは私には苦痛でしかないのですが、バイトと割り切ってやることで意外と面白く働けたりしますよ。

 

日雇いバイト|単発・即日払い希望の方へお得な情報

 

日雇いバイトへの憧れ

子供が大きくなり時間ができたので、バイトを考えています。最初はパートで働こうかと検討していたのですが、幼稚園の役員をやっているのでその会議には出席しないといけないし、子供の急な熱にも対応したいのでバイトで探す事にしました。しかし、都合の良い時だけ働いてお給料をもらうのって難しい。なかなか自分に合うバイトが見つかりません。そんな時、ネットで日雇いバイトがある事を知りました。これなら自分で選んだ日にだけ働けるから、とても効率が良さそう。家事や幼稚園の役員とも両立できそうです。
調べると都心だけでなく、地方の日雇いバイトも結構あるから近くを選ぶ事が出来そうです。時給も高めだし、何しろ面倒な人間関係に悩まされる事がないのが良いです。職場での人間関係って本当に大変。むしろ仕事よりも大変。女性は特に悩んだ事のある人が多いはずです。ちょっと気になるのがお給料。その日に現金で貰えるのか月決めの振込みなのか。その辺をよくチェックしようと思います。まずは求人サイトに登録して、良いバイトがあれば頑張りたいです。


このページの先頭へ戻る