副業の税金支払いは?

頑張って働いても給料が上がらないし会社への交渉のしようもない。

 

自由な時間は少々あるから、転職よりも他で働いてお小遣い稼ぎがしたいな・・・

 

そう考える人が多い今、確実に人気が定着化しているのが『Wワーク』です。

 

残業が少なかったり休日が決まっているサラリーマンに特に人気ですが、皆さん安易に始めている訳ではありません。

 

厄介な『税金』という問題が絡んできますのでそこをきちんと勉強し、理解した上でWワークを始めているのです。では皆さんはどの様な形で税金を納めているのでしょうか?

 

 

まず最初にあなたが会社員であれば、様々な金額が税金分として給与から天引きされます。『源泉徴収』という物です。

 

所得税分は、本業でもWワークでもお給料をもらう時には既に源泉徴収されているから問題ないのですが、問題は住民税!

 

住民税は前年度の本人の所得に対して税金を納めなくてはなりません、市役所が決定して会社に通知が届きます。『特別徴収』という仕組みです。

 

確定申告をすれば、本業の給与以外の所得も申告することになりますので、住民税もそれに応じて多くなりますよね?

 

大抵の会社は社員の住民税など気にせずスルーするのですが、給与計算をしてくれている経理の方が良いか悪いか几帳面な場合、あなたが給与のわりに住民税が多い事が分かって「???」となるのです。

 

確定申告は必ず必要なの?

ここでまた1つ疑問が。『Wワークをしたら必ず確定申告をしないといけないのか?』

 

いいえ違います、但し条件付きです。給与以外の副業(Wワーク)の所得が20万円以下の場合は、確定申告不要です。ですから確定申告の作業が面倒だと思う方は、20万を超えない程度の稼ぎで辞めておくという手もあります。

 

 

逆に20万円を超えたら、自分で確定申告をする必要があります。ここからが注意しなければいけない事で、確定申告の仕方によっては会社に副業がばれてしまう事があります。

 

 

副業を認めてくれている会社なら問題ないですが、まだまだそうはいかないのが日本の現状。ほとんどのWワーカー達が、会社にバレないように確定申告をしていると思われます。

 

 

サラリーマンのWワークの場合は個人事業主と認められないため、確定申告の際は白色申告をすることになります。申告書の「給与所得・公的年金等の所得以外に住民税の徴収方法の選択」という欄がありますので、そこで「自分で納付」にチェックを入れるのがポイントです。

 

こうすれば副業の雑所得にかかる住民税は会社に行かずあなたのところに直接通知されるのでばれないという訳です。

 

 

ちなみに確定申告の提出期限は2月16日から3月15日までです、覚えておいて下さいね。

 

 

 


このページの先頭へ戻る