リスクもあります

現役サラリーマンをしている方の中には、もう少しお給料が欲しいので、日雇いのバイトをしたいと考えている方もいるかもしれません。

 

休日となる土日のみの日雇いバイトを探しているサラリーマンが多いという話は良く聞きます。

 

しかし、どうやって探したらいいものなのか、税金の問題など心配なことや気になる点はいくつもあるのではないでしょうか。
実際に、手に職を持っていて副業として仕事をするということになるわけですが、事前に注意しておくことはいくつかありそうです。

 

まず、サラリーマンなどの会社員がバイトをすることはできるそうです。しかし、就業規則でバイトや副業が禁止となっている会社がほとんどだと言えるでしょう。

 

ここで許可もなく、会社に日雇いバイトをしていることが分かってしまった場合、取り返しのつかないことになってしまい解雇になってしまう方が多いです。
その時は良くても、後悔をして全てを失うこともあるかもしれません。

 

年間の副業収入が20万円以下であれば、住民税を払う必要はなく、確定申告も必要はないそうです。
日雇は、自分の勤務できる時間や場所など条件に合わせて検索すると見つける事ができそうです。

 

このように、現役サラリーマンでも日雇いバイトをすることはできますが、自分の事情を良く考え直してからもう一度決断してみてみましょう。
家庭などを持っている方は、とくに今だけを見ずにもう少し先の事も良く考えて判断しましょう。

 

休みの日にだけ出来るバイトを探す


このページの先頭へ戻る