日払いと即日払いを理解してバイトしないと困ることが出ますよ

最近のバイトの中でも人気を集めているのが、日雇いだそうです。

 

日雇いバイトとは、1日だけ雇ってもらい働いた分のお金をすぐに貰えるといったバイトのことになります。

 

人気のある理由としては、男女問わず学生などでも自由に時間を使いながら、自分のペースで空いた日や時間に少しでも働くことができ、すぐにお金が貰えるといった所にあるのではないでしょうか。
また、学生だけではなく不況という社会の中で、会社員の日雇いバイトなどといったケースも増えているそうです。
そこで、日雇いバイトの支払いには、即日払いと日払いがありこの2つには大きな違いがあるのです。

 

日払いとは、給与計算上での締め日が1日ごとという意味なので、必ずしもその日にお金が貰えるとは限られないそうです。
日払いといっていても、その日1日分のお金が数日後に振り込まれるといったこともあるそうです。

 

即日払いとなると、働いたその日にバイト代としてお金が貰えることになっているのです。バイトの例としては、警備や土木建築関係などの
体を動かすバイトなどは即払いが多く使われているそうです。

 

このように、日払いと即払いは同じ様にも聞こえますが、内容を確認してみると意外と勘違いされている方も多いかもしれません。

 

日払いのバイトだからその日にお金が貰えると思い頑張って働いたけれど、実際にはもらえなかったなどどいったケースも少なくないので、
注意してバイト探しをしてみましょう。

 

 

即日払いのバイトを探すならコチラ


このページの先頭へ戻る