面接は意思表示の場です。

アルバイトの面接のコツは、まず働きたいと言う意思を示す事です。

 

何でも良いから受けに来たと言う事では、なかなか合格になりません。

 

その人によって働きたい職業や職場があると思いますが、あまりにも合わないような企業を受けるのは辞めましょう。

 

どうしても人員が欲しい企業の場合は、採用する可能性も否定出来ません。

 

しかしながら長続きしない事が考えられますので、ここで働くのは嫌だと思ったり、不満に思う事がありましたら、辞めておくべきでしょう。

 

面接の服装

面接服装は、学生のアルバイトであれば基本的には身奇麗にしていれば問題ありません。
学生はスーツなどを持っていない事が多いですから、相手が不快に思わなければ良いでしょう。
ただし出来る限りは、白いワイシャツにチノパンなどのスーツに近いような格好をしていくのが望ましいです。
学生でなければ、基本的にはスーツで面接に行くのが良いでしょう。
スーツであれば不快に思う事はほとんどありません。
ワイシャツの場合は、しっかりとアイロンをかけて行く事をお勧めします。
髪型は無難に小奇麗にみられるようさっぱりした髪型が一番です。

面接の話し方

話し言葉にも注意しましょう。
同世代の人と話す口調や若者言葉は、使わないように注意しましょう。
緊張するのは仕方ありませんが、なるべく面接官の目を見ながら面接を受ける事をお勧めします。
また面接では自分の働きたい事をアピールする事も大切ですが、質問や疑問に思う事をしっかりと質問する事も大切です。
働き始めてから違ったと思う事が無いようにしましょう。
ただし働いている中で、働く内容だけではなく、業務内容も変化する事があります。


このページの先頭へ戻る