履歴書の書き方【基本】

履歴書を書く場合、手書きで書くなら、字をなるべく綺麗に書きましょう。

 

どのくらい綺麗に履歴書を書いているかで、ある程度やる気があるかあるかどうかが見られます。

 

文字が汚いという人でも、ゆっくり丁寧に書いて、やる気があるという点をアピールしておいた方が無難です。

 

字のうまさも大事ですが、丁寧に書くことを重要視していますので、真剣に取り組んだ感が出る様にしましょう。

 

それから、履歴書欄には嘘を書かないということが重要となります。

 

嘘がばれると、採用されるはずの職でも、嘘のせいで採用されないということにもなります。

 

さらに、資格欄に関しても、あまり細かな資格や、業務に関係なさそうな資格は書かないことが多いです。

 

ある程度その仕事に関係のありそうな資格を書いておくだけにしておいた方が見やすい履歴書となってくれます。

 

また、志望動機に関しては、面接を受けに行く企業に関連した事柄の方が受けが良いと言われています。

 

抽象的すぎると、どこでもそれは一緒でしょうと思われて、あまりやる気が伝わりません。

 

それと、趣味欄には、あまり特殊な趣味や社会的にあまり評判の良くない趣味は書かない方が無難だとされています。

 

ギャンブルであったり、テレビゲームなどを趣味として書いているとマイナス評価されてしまうこともあります。

 

その他、学歴欄には、高校から書くのが一般的とされています。

 

中学校まで書く必要はありませんが、高校は書いておいた方がアピールになることがあります。

 

地元の人を積極的に採用している企業も多いので、地元の高校の場合には特に書いておいた方がプラスになると言えるでしょう。


このページの先頭へ戻る