掛け持ちするならばれないが鉄則

正社員とバイトを掛け持ちする理由は人それぞれだと思いますが、とりあえず会社にばれないようにしなければいけません。

 

会社側が副業を禁止しているのならば、何らかのペナルティーを課せられる事があるからです。

 

最悪辞表を出す事にも繋がります。

 

ではどうやったら会社側にばれずにバイトが出来るのでしょうか?

 

目立つバイトは避ける

バイトをしている所を職員にでも見られたらすぐに会社中に知れ渡ります。例えば会社の近くでのバイトは避けましょう。
人に見られないバイトを挙げると、工場での軽作業や居酒屋の裏方、ラブホテルの雑用等があります。あくまでも裏方に徹するべきです。
接客などは人目につくので避けるべきですね。

 

会社の誰にも言わない

仲の良い同僚だからといってつい口を滑らせた結果、会社中に知れ渡っていたという事もあります。いくら口の堅い同僚でも実際はわかりません。絶対に他言しない事です。

 

会社にばれないようにする工夫

これらを踏まえた上で、バイトが会社側にばれない様にする方法はちょっとした工夫が必要です。  

 

逆に言えばこの工夫がないと、会社にばれる可能性が非常に高くなります。

 

まず会社の仕組みですが、社員やアルバイトに給料を支払わなくてはいけません。

 

前年の1月〜12月までの個人別の支払額を、翌年の1月に各個人の住所地の市役所に「給与支払報告書」という書類で報告します。

 

その報告を受け、市は住民税の計算をします。そして主たる給料の支払いをしている会社に通知をするのです。

 

この通知書には住民税と、その人の収入金額の合計も記載されています。

 

通知を受けた会社側は各人の給料から住民税を控除することになりますが、この時に自分の会社では払った給料よりも収入が多いと、「この人他に収入があるのかも?」と疑われる事になるのです。

 

ですからもしもアルバイトの収入が少なけば、会社で気がつかない場合も有ります。

 

お小遣い稼ぎ程度の短期アルバイトならば何も動く事はないという事です。

 

もう少し細かく言うと、年間の収入金額の合計が20万円以下ならば、特に届出がなくても確定申告は不要です。

 

しかしバイト等副業による収入が年間20万円を超えた場合は、確定申告が必要となります。

 

この際に、業所得分の住民税を給与から控除する特別徴収ではなく、自分で支払う普通徴収という方法で申告すれば、会社には通知が来ませんから会社に知られることは有りません。

 

この『特別徴収』と『普通徴収』は、所得税の確定申告書に住民税の特別徴収と普通徴収の一方を選ぶ小さな欄がありますので、ここで『普通徴収』の欄に丸を付ける事が必要となるのです。勿論その分は、自分で納付する事を忘れずにお願いします。

 

後は自分の身体を労わって、無理のないバイトをして下さい。本業とバイトの二足の草鞋は結構しんどいです。身体を壊してどちらの仕事も出来なくなったでは、ばれるばれない以前の問題ですからね。

 

 

 


このページの先頭へ戻る