年金問題で今後一番変化がある!?シルバー世代のバイト事情とは?

年金の支給開始年齢が引き上げられたり、年金自体が本当にもらえるのか怪しい世の中になっています。

 

文句の1つも言いたいけれど、一体どこに言えばいいのか分からない。

 

悲しい事に、言っても何1つ変わらないでしょう。

 

気持ちの行き場がなくてイライラしていても何にも変わりません。

 

その気持ちを仕事で発散するしかなさそうです。そもそも定年を過ぎても働きたいという声は非常に多く、シルバー世代中心にバイト募集しているケースは良くあります。

 

バイトをすれば経済的にも余裕ができるし、社会貢献にも繋がるのです。
何より退職して1日中家に居られると、家庭環境は一気に悪化傾向になりがち。

 

 

朝から晩まで食事の支度に翻弄される妻・・・せめて日中の数時間だけでも、弁当を持って仕事してきて欲しいと切実に願うわけです。

 

 

「四六時中一緒だと同じ空気を吸うのも嫌になる」と嘆き、離婚にまで発展する熟年離婚は少なくありません。そんな事態に陥らない為にも、身体が元気なら働けるとこまで働いてみるのもアリです。

 

 

 

どうやってバイトを探すのか

シルバー世代がどのようにアルバイトを探すのかというと、シルバー人材センターに登録したりアルバイト情報誌をチェックする事から始まります。

 

 

パソコンがある程度使えるのなら、アルバイト求人サイトをチェックするのも良いでしょう。
マウスでクリックする事ができれば観覧可能なので、子供に教えてもらうなどして利用してみると良いです。

 

 

60歳以上向けのアルバイトを紹介するコーナーが沢山あり、想像していたよりも求人数が豊富で驚く人もいます。
しかしどうしても、体力的に厳しい肉体労働や覚えることが多い事務仕事の求人は少な目なのが現状です。

 

 

特別な資格があったり、以前働いていた会社でアルバイトとして再雇用されるケース以外では、かなり難しいでしょう。

 

 

コンビニやファーストフードで働いているシルバー世代の方を見かけますが、若い人達に比べて接客が丁寧で真面目だという事で重宝されています。但し一旦雇用されると辞める事が少ないので、沢山の人数を募集する事は少ないです。

 

短期で雇うケースが多い

シルバー世代で多い求人は、警備員や清掃業です。これらは日雇いや短期で募集している事が多く、年齢関係なしに募集している事が多いです。
しかも収入面でも期待できますし、短期間ならお試し感覚で働く事ができます。もし長期バイトに合格しても、若い人達からの風当たりがキツかったら続けるのが大変です。この年齢で精神面が弱ると身体にも支障をきたしかねません。それよりも日雇いや短期でバイトを繋げていった方が、結果的に長続きする事が考えられます。シルバー世代で日雇い・短期バイトをしている人は多いので、一時的でも仲間が出来て心強いと思います。そこから情報交換をし、シルバー世代でも元気に働く事ができる求人へと幅広く繋がっていくのです。

 

シルバー向けの短期バイトを探すならコチラ


このページの先頭へ戻る