特別な雇用保険があるの知ってますか?

現在、定職に就くことができず日雇いで働いている人が多くいますが、日雇で働く人に対して特別な雇用保険があることを知っている人は少ないと思います。

 

日雇いでも雇用保険に加入することは可能ですが、それをもらうためにはまず日雇い派遣である必要があります。

 

定職に就いていて副業で日雇いを行っている人はもちろんこれの対象外となるので注意しましょう。

 

日雇での雇用保険の入り方についての流れを説明します。

 

@日雇手帳の交付

まず日雇派遣で働いている人は雇用手帳をもらう必要があります。1日ごと、もしく30日以内の期間と決めて派遣労働を行っている人は「日雇労働被保険者」となる可能性があります。「日雇労働被保険者」となった場合はハローワークで雇用保険日雇労働被保険者手帳の交付を受けることができます。この手帳をもらわなければ雇用保険の加入は出来ませんので注意しましょう。

 

A日雇手帳があることのメリット

日雇派遣で働いた場合、派遣会社に給料をもらう際、日雇手帳を会社に提出しましょう。派遣会社は給料を払う際に日雇手帳に印紙を貼付してくれます。この貼付は義務ですので、もしもらっていない場合は請求しましょう。日雇手帳の印紙が2ヶ月の間に26枚以上貼付されていれば、翌月に派遣先(仕事)がなかった場合に給付金を受けることができます。

 

B給付金の受け方

2ヶ月間に26枚以上印紙が貼られており、翌月に仕事がない場合、ハローワークで給付金を受ける手続きをすることができます。日雇手帳をハローワークに提出すると、ハローワークは派遣先がなかった(失業していた)との認定を受けることができ、給付金が支給されます。給付金の額は、条件によって異なりますが、定額制で第1給付金は7500円、第2給付金は6200円、第3給付金は4100円で、最短13日〜最長17日の間1日ごとにこれらの金額が支給されます。

 

つまり、日雇派遣をして生計を立ててた人が、急に派遣先から仕事が無くなってしまった場合に対して、次の仕事が見つかるまでの生活費として支給されるお金となります。

 

日雇いでも「日雇労働被保険者」となることで、雇用保険に加入していることと同じような支援を受けることが可能です。

 

そのため、日雇派遣を行っている人は自分が「日雇労働被保険者」になっており、「日雇手帳(雇用保険日雇労働被保険者手帳)」を交付して、それを派遣会社に提出しているか確認しましょう。

 

もしも仕事がなくなった時でも条件に合えば一定期間ですが給付金を受け取ることが可能になりますよ。

 

 

日雇いバイトを探すならコチラ


このページの先頭へ戻る