バレンタインに続くイベント『ホワイトデー事情』

バレンタインが終わるとすぐにホワイトデーですね。バレンタインのバイトをしていた人は、そのままホワイトデーのバイトに申し込む事が多いです。しかしバレンタインの方が盛大ですので、その分アルバイトの募集も多い傾向にあります。

 

逆を言えば、ホワイトデーのバイト募集は若干少な目です。求人サイトなどで募集がありましたら、早めに応募しましょう。

 

 

 

ホワイトデーのアルバイトは、短期バイトとして求人サイトなどで募集します。2月中旬〜3月14日までの期間、デパートなどでは特設会場を設けます。バレンタインがチョコ、ホワイトデーはクッキーという決まりは一昔前の話で、今ではホワイトデーにチョコを渡す事もありますし、ケーキやクッキーなど、受け取る側の女性が喜びそうな物を男性がプレゼントします。

 

 

倍返し(?)という事で、お菓子の他にハンカチなどの小物も添える事が多いです。

 

 

この小物類まで特設会場に置いておく場合もありますし、お財布やアクセサリーなどは通常通りのコーナーに置いてあるというケースが多いです。例えばアクセサリーをホワイトデーにプレゼントする男性が多いとしても、アクセサリー売り場で臨時のバイトを募集する程ではありません。

 

 

繁盛して忙しければ他のレジから応援を頼む程度でしょう。ですから、ホワイトデーのアルバイトは大抵が特設会場での作業となります。販売・接客・レジ・商品陳列・包装作業などが主です。クッキーやチョコを包装する作業は、手先の器用さに加えてある程度のスピードも必要となります。最初は上手に出来ずもどかしいかもしれませんが、慣れれば案外楽しい作業です。

 

 

 

レジはやはり的確さとスピードが重要視されます。しかしバレンタインと違い、ホワイトデーは特設会場が人であふれかえる事はありません。土日でようやく少々列が出来る位だと思いますので、この状況をあえて利用して、練習がてらレジ打ちに立候補するのも良いでしょう。ホワイトデーなどの短期でレジ打ちを学んでおくと、コンビニバイトや他のレジ打ちバイトが楽に出来ます。ホワイトデーでもGODIVAやゴンチャロフなどの有名店でチョコ類を売る事がありますので、ブランドのお菓子売り場を希望するのも良いですね。この場合は人気争奪戦となる可能性がありますので、早めに求人サイトをチェックしてエントリーして下さい。

 

 

ホワイトデーのバイトは、高校生から大学生、主婦やフリーターまで、幅広い人達から人気があります。

 

それだけ気軽に始め易いバイトですし、短期バイトなので自分の空いている時間に働く事ができるので人気です。早めにチェックしておいて下さい。

 

 

ホワイトデーの短期バイトを探す


このページの先頭へ戻る