軌道に乗る前の個人事業主さんは単発バイト率高し!

株式会社などの法人ではなく、自分で事業を立てて働いている人を個人事業主といい、一般的には自営業者といいます。この個人事業主の人がアルバイトをしていることが多いのはあまり知られていないと思います。

 

 

個人事業主は自分で事業を行って働いているため、一見アルバイトとは無縁な気がしますが、実際にアルバイトの現場では個人事業主の人に会う機会が意外に多いんです。

 

なぜ個人事業主の人がアルバイトを行っているのでしょうか?それは個人事業主はその職種によっても異なるものの、一般企業で働いている人に比べると時間の都合がつきやすく働きやすい環境の人が多いことが一因にあります。

 

 

個人事業主ですので働く時間帯や休日など自分の自由に決めることが出来る人も多く、そういった人はあえてアルバイトをする時間を設けて働くことができるんです。

 

 

 

とはいえ、実際に長期のアルバイトをしている人は少なく、1日などで終わる日雇いなどの単発バイトをしている人が多いようです。
さすがに自分の仕事がある中で、シフトを組むようなアルバイトは平行して行いにくいため、その日のみで終わるような仕事が個人事業主には向いているんです。

 

 

休日が都合がつきやすい分、そこに単発バイトなどをいれてお金を稼いでいる個人事業主の人は結構多くいるんです。

 

 

特に一念発起して脱サラなどで事業を立ち上げたものの、最初は顧客などがつかず収入が安定しない人などが、生計を立てる為にアルバイトをしているということが多いようです。他にも、収入が安定してきて、本業は雇った人でまかせられるため、自分は様々な職種を経験してスキルアップにつなげる為にあえてアルバイトをするなんて人もいるくらいです。

 

 

また、個人事業主と言うと響きはいいものの、その多くの人が事業立ち上げのために借金をしていることが多く、その返済を少しでも楽にするためにアルバイトをしているという人もいます。

 

 

 

個人事業主とはいっても収支が安定しなければ生活はしていけませんし、そういった時には時間の自由がつきやすい利点を活かせるのには日雇いなどの単発バイトがおススメです。

 

 

また、会社や企業の多くがアルバイトなどの副業を会社の規則で禁止しているところが多いですが、個人事業主であればそういった規則や法律は存在しません。
サラリーマンであれば会社にばれないようにと気をつけて働く必要がありますが、個人事業主であればそういったことを気にすることなく、アルバイトをすることが可能です。

 

 

 

もしも事業が上手くいかず、資金繰りに苦労しているなどで日々苦労している個人事業主の人がいれば、働きやすい環境を生かして副業するのはどうでしょうか?

 

 

 

会社の規則で縛られることなく、時間の都合もつきやすいため、サラリーマンよりもアルバイトをしやすい環境にあるので、その好条件を活かして本業以外での収入を得て生計を立て直すということをしてみてはどうでしょうか?

 

 

単発バイト探しはコチラ


このページの先頭へ戻る