秋の大型連休はバイト三昧?!シルバーウィークとは?

シルバーウィークという言葉を知っていますか?

 

あまり有名ではないですが、秋の大型連休の事を“シルバーウィーク”と言います。

 

ご存じの通りゴールデンウィークは、毎年5月の憲法記念日(3日)、みどりの日(4日)、子供の日(5日)、そして4月29日の昭和の日と土日を合わせた大型連休の事です。

 

 

大企業だと最大10連休になったりして、お正月よりも長い休日となります。

 

 

ではシルバーウィークはどの日にちを指すのでしょう?

 

2015年の暦を見ると分かるのですが、9月の19日(土)〜23日(水)までがシルバーウィークとなります。

 

 

ハッピーマンデー制度導入により、元々9月15日で設定されていた「敬老の日」が9月第3月曜日になりました。それによって第3月曜日の2日後の水曜日が「秋分の日」になる今年、両者に挟まれる水曜日が休日となり、めでたくシルバーウィーク誕生になります。

 

 

シルバーウィークという言葉は定着せずに消えていったと解説する人もいますが、今年こそシルバーウィークの当たり年!何故なら2015年の次にシルバーウィークが到来するのは2026年だからです。今年は休みが多くて嬉しいですね♪

 

早めにバイトを探しましょう

しかし休みが多くて嬉しいのは、実際子供や学生といったところです。

 

毎日働いているご主人さんも嬉しいかもしれませんね。しかし主婦にとっては出費が多くなり頭が痛いです。いっそご主人さんに副業をしてもらうという手もありますから、この機会にシルバーウィークに出来るバイトをチェックしておく(させておく)のも手です。

 

 

学生さんの場合はおもいっきり稼げるチャンスですから、夏休みのバイトが決まったら早速シルバーウィークのバイトチェックをしておいて下さい。

 

 

やはり9月といえば観光です。観光地でのバイトは求人数も豊富であり、短期なので時給も高めです。お土産売り場、屋台、観光地での駐車場案内、受付などが定番人気でしょう。短期間とはいえ住み込みの求人も出てきますから、電気や水道料金を浮かせたい1人暮らしの学生さんにお勧めです。美味しいまかないも出れば大満足ですね。

 

 

 

夏から秋にかけて多いのが、イベントスタッフのバイト求人です。女性ならイベントコンパニオンや各会場の受付、売店も人気があります。

 

 

男性の場合は受付や売店も良いすが、収入を重視するならイベント会場の設置や解体、警備員などがお勧めです。勿論力仕事ですのである程度体力がある人が望ましいです。しかしこの季節はそこまで蒸し暑くないので、熱中症になる確率も低くなります。夏から体力勝負のアルバイトをするのは不安と思って避けていた人、是非気候の良い秋からスタートしてみて下さい。

 

 

 

イベントや観光地のバイトは何となく若者のイメージ・・社会人の副業にはちょっとな・・そう思っているご主人さん達には、単発で稼げる日雇いバイトをチェックしてみましょう。激戦ではありますが、交通調査のバイトは人気があります。椅子に座ってカウントするだけですし、人間関係が箕臼なので職場にバレる可能性が低いです。

 

 

 

それでいて日給10,000円以上稼げますから魅力的です。とにかく求人を見つけたら迷わず応募が鉄則です。女性の場合だとキャンペンガールやイベントコンパニオンが人気です。容姿に自信がないのなら、工場系のバイトもアリです。地味なようで結構奥が深いですし、空調完備で予想以上に快適だったりします。

 

 

 

この様に今からワクワクするシルバーウィークですが、社会人の日雇いバイトの場合確定申告が必要になるケースがあります。
本業に知られたら元も子もありませんから、良く下調べしてバイト募集しましょう。

 

 

秋に出来る日雇い・短期バイトを探すならコチラ


このページの先頭へ戻る