日雇いする前に読んでおいて下さい

バイトには様々な働き方がありますが、最近ではその日限りで仕事が終わる日雇いバイトが人気があります。

 

 

長期バイトでは同じバイト先で働くので慣れていって働きやすくなっていくことが出来る反面、シフトによって働く日が固定されてしまったり、長く勤めると辞めにくくなってしまったり、バイト先がブラックで意にそぐわない仕事を強いられるなどで、簡単に辞める事ができないというデメリットが存在します。

 

 

ですが、日雇いバイトなら、基本的には仕事はその日で終わるため、仕事に慣れることはしにくいものの、その日限りなので仕事の内容や職場の人間関係が合わないと思っても、その日働くことを我慢すればその日で終わらせることが出来るんです。【日雇いのメリット・デメリットはコチラ

 

 

そのため、以前よりも日雇いバイトを行う人が増えています。

 

では、日雇いバイトはどのような流れで行うのでしょうか?探し方から給料をもらうまでを紹介します。

派遣会社を探す・契約

日雇いバイトを行う為には、まずは日雇いバイトを斡旋している会社に契約する必要があります。日雇いの会社のほとんどが派遣会社であり、派遣会社を探しましょう。派遣会社に直接連絡をしてもいいですし、求人情報サイトから日雇いを扱っている派遣会社を探しましょう。派遣会社と面接をした後、採用されれば派遣会社に登録することになります。派遣会社に登録してから日雇いバイトが始まります。

 

仕事の連絡

派遣会社から仕事の内容が電話もしくはメールで連絡が入ります。仕事内容によって異なりますが、働く日の数日前〜前日、中には当日の朝に連絡が入ることもあります。

 

仕事を決める

仕事の内容を確認し、働くか働かないのかを決めて返答をしましょう。日程が合わなかったり、仕事の内容によっては断ってもなんら問題はありません。

 

仕事の確認

働くことを決めたのであれば、働く日時、仕事の内容、集合時間、服装などを確認しましょう。特に集合時間は勤務時間とは異なりますのでしっかりと確認しておいた方がいいですよ。また、私服なのか、支給されるのかをしっかりと確認しておきましょう。私服であっても、仕事の内容では動きやすい服装の方がよいことがほとんどですので、動きにくい服装は避けておいたほうがいいでしょう。

 

当日

指定された集合場所へ行き、担当の人に出欠の確認をとりましょう。基本的にはバイト先までの移動・仕事内容はその担当の人の指示に従っておけば問題ありません。与えられた仕事をこなしてその日の仕事は終了となります。

 

給料支払い

派遣会社によって給料の支払い形態は異なります。即金や当日払いの場合は、働いたその場でもらったり、その日のうちに派遣会社でもらうこともあります。ですが、中には翌日に振り込みという形もありますので、その日にはもらえない可能性もありますので、しっかりと確認をしておきましょう。また、週払いでは週のどこか(たいていは週末)に派遣会社に直接もらいにいく、口座に振り込んでもらうとういことになります。月額払いでは通常の給料と同様に、月末に口座振り込みもしくは会社で直接手渡しということになります。

 

 

即日・即払いのバイトを探す!


このページの先頭へ戻る