人気の郵便局アルバイトに関してまとめてみました

一般人から大学生、主婦、果ては高校生まで、幅広い年代層で募集をかけてくれるのが郵便局のバイトです。

 

お正月の年賀状シーズンになると毎回求人サイトなどで募集がかかりますし、募集チラシがポストに投函されている事もあります。

 

 

シーズン以外でも随時募集をかけているケースが多く、非常に庶民の味方的バイトである印象です。

 

 

では実際の郵便局バイト内容はどの様な感じなのでしょうか?仕事内容は?キツイ?まさかブラックバイト?素人目線ではありますが調べてみたので、春からバイトを探したい人は是非参考にして下さい。

 

 

勿論夏のバイトを検討している方や、気が早いけどお正月の郵便局バイトが気になる・・・という方も、是非覗いてみて下さいね。

 

【長期アルバイト】

郵便局といえば年末年始の短期バイトというイメージが強いですが、決して短期のみではありません。実際、昨日私の家のポストに募集チラシが入っていたのですが、内容は長期バイトでした。郵便局の長期バイトを大きく2つに分けると、内務作業と外務作業があります。チラシに目を通すと外務作業の方が時給が高い様ですが、まず内務作業から説明していきます。内務作業とは、大雑把に説明すると郵便局の建物の中での仕事です。

 

 

集荷された郵便物を宛先の郵便番号別に仕分ける作業を「区分」というのですが、手で区分する作業や機械で区分する作業があり、配属された先によって楽だったり大変だったりする様です。そして長期ならではのバイト内容として、電話対応や各社員への連絡、ゆうパック到着後の処理なども考えられるでしょう。郵便物の多い週のはじめ・お中元・お歳暮時期にはかなり混雑し、作業内容も多くなり大変かと思います。しかし一定の作業時間が過ぎると比較的楽になったり、マニュアルを覚えてしまえば未経験者でも十分やっていける可能性が高いです。

 

 

次に外務作業ですが、郵便物を配達するお仕事です。バイクや自転車がほとんどですが、長期バイトの場合自動車免許が必要になる場合もあります。そして女性には内務作業が注目されがちですが、やる気があるのなら是非外務作業にチャレンジして頂きたいです。その理由は時給が高いから。やはり多少の体力が必要になりますし、悪天候の日の外務作業はかなりキツイです。しかし慣れれば宅配の時間も短くなり、楽を出来る時間も増えます。そして外務作業には、宅配と別に集荷業務があります。

 

 

集荷業務とは差し出される郵便物を引き取りに行く仕事内容となり、物凄い数の集荷の時は数を間違えない様に気を使いますし、話をしなければならずコミュニケーション能力も必要となります。しかも集荷先で更なる要望を言われ、+αの作業が発生してしまうケースも多い様です。その分更に時給が良いですから、あえて集荷業務を希望する人も結構います。

 

 

郵便局の長期バイトの場合、郵便局で働くという安定感が魅力です。多くのバイトがいますから、シフトの融通も比較的通りやすいでしょう。そして正社員になれる制度もあり、まずバイトで頑張ってゆくゆくは正社員を目指す・・・という目標を立てる事も出来ます。長期ならば社会保険加入も認められますから、手厚い待遇を受ける事が可能です。しかし土曜や祝日関係なく働かなければいけない場合もありますから、小さな子供を持つ主婦の方は、求人内容を良く確認してから応募する事をお勧めします。

 

 

【短期アルバイト】

お正月の短期バイトといえば郵便局!という人も多く、それほど郵便局での期間限定アルバイトは定着しています。年末年始には大量の年賀ハガキが郵便局に集まりますから、仕分け作業や宅配は沢山の人手が必要となります。そこで郵便局の年末年始短期バイトが一斉に募集されるのです。

 

大学生は勿論高校生でもバイト可能とされていることから、高校生の応募が増えます。短期アルバイトの場合も内務業務と外務業務で募集され、内務業務は年賀状の郵便番号や住所などを1枚1枚確認し、それをまた細かく分け、輪ゴムでまとめるなどの作業となります。時にはまとまった年賀状を運ぶなどの軽作業を頼まれる事もある様です。外務業務は年賀状を宅配する作業です。男性が多く、時給も内務業務より高めになります。

 

 

高校生の場合でも自転車で宅配出来るので、時期的に寒いですが人気です。時期的に寒いと言いましたが、真冬の上に朝の配達となりますから、かなり寒い事を覚悟して下さい。最近のニュースで、配達のバイトが年賀状の宅配が嫌になり、家で破棄したなんて内容が話題になりました。これは絶対に許されない事です。宅配をいつ行ったのか、何分かかったかなどの時間も管理されていますから、ズルは出来ません。のんびり宅配したりまして破棄するなんて絶対に駄目です!しっかりと働いているという自覚を持ちましょう。年末年始の短期バイトは10月始め〜中旬に募集が始まり、募集人数は数十名からが多いです。直前まで迷っていざ応募しても、人気の為早々に締め切られる可能性があります。

 

 

早めに自分の中で決めておいて、募集と同時に応募する位が良いと思います。そして内務作業はクリスマスあたりから忙しくなりますし、外務作業は三が日バイトで潰れると思って下さい。つまりクリスマスに彼氏と1日中一緒にいられない可能性や、お正月に彼女と初参りが出来ない可能性も出てきます。主婦の場合、せっかく子供達が冬休みに入って旦那も正月休みに突入したのに、代わって自分がバイトに行く事態になります。年末年始こそ家族水入らずで過ごしたいと思っているのなら、この短期バイトは向いていません。長期でコツコツバイトした方が良いかもしれませんね。

 

しかし郵便局の短期バイトは必ずしもお正月だけだと決まっておらず、時にお盆やお歳暮シーズンにも短期でバイト募集する事があります。

 

求人サイトなどをこまめにチェックし、応募のチャンスを逃さない様にしましょう。

 

 

短期・日払いバイト探しはこちら


このページの先頭へ戻る