人気の日雇いバイトの中でもきついと評判の職種は?

気軽に行えるバイトとして、最近多くの人が行っているのが日雇いバイトです。

 

日雇いバイトは、長期のバイトとは異なりその名の通りその日一日だけ行えばいいバイトです。

 

長期のバイトなど、多くのバイトが週に何回、決められた時間等いわゆるシフト制を使用しています。

 

 

シフト制ではどうしても決められた時間に働かなければいけないため、定期的に働くことができ一定の金額を稼ぐことができる利点のある半面、その時間に働かなければいけないという制限があります。

 

 

ですが、日雇いバイトであればその日で仕事が終わるため、自分の都合の良い日に働くことができ、また前日や当日でも希望すれば働くことが可能なため、急にお金が必要となった時などにさくっと稼ぐことができてしまうのです。

 

 

ですが、都合の良い半面、日雇いバイトは結構大変な仕事が多いのも事実です。

 

 

色々な種類の仕事がありますが、その中でもきついと言われている日雇いバイトは以下のものがあります。

 

 

引越し

日雇いバイトの代表と言えば引越しです。引越しは誰しも分かるとは思いますが、基本的に物を運ぶ力仕事となります。段ボールに詰められたものはそこまで重くなく一人で運ぶことも可能ですが、やはり大変なのは家具や家電でしょう。冷蔵庫・洗濯機・テレビなどの大型家電や、ベッド・ソファ・机などの大型の家具などは一人で運ぶことが困難であり、他のスタッフと一緒に運ぶことになるでしょう。ただ部屋の中の移動とは異なり、引越しは家から家への移動となるため、部屋から外へ出し、トラックへ運び入れ、引越し先へ運ぶ入れなければいけません。引越し先が1−2階ならまだ楽ですが、エレベーターのない5階なんてところもあるため、そこへ階段を使用して運ばなくてはなりません。運び方のコツなどはありますが、基本的には力仕事なので間違いなく体を酷使することになり疲労は蓄積されます。人によっては運ぶ際に腰を痛めたり、怪我をすることも少なくありません。また、家の壁や床、運ぶ荷物を壊してしまったりすると弁償しなくてはいけないこともあります。

 

交通整理

道路工事などの際、車が安全に往来できるように誘導する仕事です。車に乗っている人なら誰しも一度は交通整理の人を見たことがあるのではないでしょうか?基本的に誘導の方法を覚えてしまえば仕事自体はそこまで難しいことではありません。もちろん沢山車が通る道でであれば大変ですし、他の人との連携も必要となるので手際のよい人のほうが向いています。ですが、交通整理の大変さはそこではありません。基本的に立ちっぱなしの仕事のうえ、天候に関係なく働かなくてはなりません。夏場であればとんでもない暑さで熱中症や脱水症状となってしまう可能性もありますし、冬場いであれば寒さで体中が冷え込んで手足もかじかんでしまうでしょう。また、雨の日でも傘をさしながら誘導するわけにもいかないため、基本合羽を着て誘導することになるでしょう。そんな頑張っている中、心ないドライバーから道路工事で渋滞することに対して罵声を浴びせられてしまうこともあります。

 

工事現場

引越しと同じく、肉体労働です。工事現場なのですが専門的な仕事を行うことはなく、作業員の補佐をすることになるでしょう。仕事の内容自体は現場によってことなるでしょうが、間違いなく力仕事をすることになるでしょう。土や石を運んだり、工事用の資材などを運ぶなどとにかく体を使う仕事ばかりです。現場で事故があるといけないため、ミスをしたりすると血気盛んな作業員に怒られてしまうことがあるかもしれません。作業内容によっては怪我をすることも少なくないですし、常に注意を払って仕事をしなくてはいけません。

 

 

日雇いバイトを探すなら!日雇いバイト人気登録サイトはコチラ


このページの先頭へ戻る